登録Q&A・よくあるご質問 | 貿易事務のリバティー

登録Q&A

リバティーや登録について

リバティーの強みを教えてください。
リバティーは人材会社の中では古株=ベテランの企業です。特に、貿易業界の知名度・ノウハウに関してはトップクラス。最近では、事務職の求人依頼も多く取り扱うようになりました。派遣先は商社・メーカー・物流・輸送・医療・サービスと型にはまらず多数ございます。また、大手・外資系・話題の成長企業・アットホームな個人商店とさまざま。あなたのご希望に合わせて幅広いご紹介が可能です。
貿易事務は専門用語が多くて難しそうだから、ほかの仕事がしたい
リバティーでは貿易事務だけでなく、一般事務、営業事務、経理事務、営業といった多様な職種のお仕事をご紹介できます。オフィスワークの経験を積みたい方、未経験だけど新しい職種にチャレンジしたい方、語学(英語)を活かしたい方、今までの経験を活かしてステップアップしたい方は、ぜひリバティーにご登録ください。
登録にあたり、何か資格は必要ですか?
特に必要ありません。今までの経験を何かのカタチで活かせるお仕事をご紹介しています。また、キャリア形成支援、育成する未経験歓迎のお仕事も多数あります。 資格を取得することで有利な場合もありますが、登録必須事項ではありません。もちろん、「資格はないけど実務経験はある」 「資格取得の勉強中」という方も大歓迎です!ぜひお気軽にリバティーをご利用ください。
登録するにはどうしたらいいですか?
あなたのご希望の登録⽅法を選んでください。

WEB登録WEB登録

24時間いつでもWEB登録ができます。ご来社は不要です。派遣経験のある⽅、登録に⾏く時間がない⽅にオススメです。ご経歴、またはご希望の働きかたなど事前に全ての情報を⼊⼒いただき、弊社で情報確認後、メール・お電話でお仕事をご紹介します。

来社登録来社登録

担当者と直接相談しながら登録ができます。派遣登録が初めて、相談しながら仕事を探したい⽅にオススメです。 まずは来社登録予約の上、ご来社いただきます。登録⼿続き後、お仕事をご紹介します。
来社前の情報⼊⼒をすると、履歴書・職務経歴書などの書類持参は不要となります。
◎登録予約はWEB予約、またはお電話でお願いします。

電話予約電話予約

派遣について

派遣は、アルバイトやパートと何が違うのですか?
派遣の場合、雇用契約を結ぶ会社と実際に働く会社が異なります。派遣は、派遣契約に基づいて勤務する制度です。つまり、スタッフ方にとっての雇用主はリバティーになり、勤務先は派遣先企業になります。そのため、勤務先である派遣先企業が仕事の指揮命令を行うものの、お給料は雇用関係を結ぶリバティーから支払われます。
社会保険と有給休暇はありますか?
はい、リバティーでは各種社会保険はもちろん、定期健康診断や有給休暇も完備しています。そのほかにも充実した福利厚生をご用意しておりますので、「派遣は不安定かも」「福利厚生の面で心配」という方も、安心してリバティーをご利用ください。なお、対象となるのは、当社規定の就業条件を満たす方のみとなります。あらかじめご了承ください。
派遣先で困ったことが起きたら?
派遣先企業で何かお困りのことがあれば、リバティーの担当者に遠慮なくご相談ください。リバティーでは、スタッフの方が快適に働けるように努力を尽くしています。「事前の説明と実際の業務内容が違う」「職場環境が合わない」など、どのようなことでも構いません。スタッフの方のご相談には親切・丁寧に対応し、最善の解決方法をご提案します。
外国籍でもリバティーに登録できますか?
外国籍の方でも在留資格をお持ちであれば、リバティーのスタッフとしてご登録いただけます。在留資格の詳細に関しては、下記をご参照ください。なお、在留資格をお持ちの方であっても、当社の総合的な判断によってご登録いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

<在留資格>

  • ・永住者
  • ・日本人の配偶者
  • ・永住者の配偶者
  • ・技術・人文知識・国際業務の在留資格者(※有効期限1年以上必要)
  • ※ご登録時に、在留カードの提示が必要です。

研修について

貿易研修について詳しく教えてください。
リバティーでは、無料で研修を実施しています。貿易初心者の方はもちろん、さらなるスキルアップを目指す中級者の方まで、4つのさまざまなコースでサポートしています。ぜひ積極的にご参加いただき、あなたのスキルアップに役立ててください。各種研修の詳細な内容に関しては、「充実の研修制度」でご紹介しています。
どのようなスキルアップを支援する研修がありますか?
登録後に受講できる研修として、英語研修や貿易研修、またパソコンや自分磨きなど、いろいろな研修をご用意しています。 「パソコンはほぼ触ったことがない」「ビジネスの場での一般常識を身につけたい」など、あなたのお悩みに合わせて適切な研修をオススメします。 お仕事開始後(就業中)にも活用して、着実なスキルアップを図りましょう。